Sitemap ^ RSS

主婦がキャッシングするには

主婦がキャッシングの申し込みをした場合でも、かつての貸金業法ならは審査には通りました。

キャッシング申し込み時に、夫の収入を申込用紙に夫に定職と収入がある旨を記載すれば審査を通過することができたからです。

貸金業法が改正された現在でも、専業主婦がキャッシングをしたいと思えばやる方法は存在しています。

借り入れ上限額は、年収の3分の1までという法ができました。

けれども、夫の収入を加えた金額を一年間の総収入として、その金額を基準借入上限金額を決めることができます。

専業主婦でも配偶者貸し付けという形でお金を借りることができます。

また、夫の同意書や結婚していることを示す書類、住民票がなければ配偶者貸付制度を使うことはできません。

夫に内緒でキャッシングはできません。

書類の扱いなどチェックが面倒なことから、キャッシング会社によっては主婦に融資はしていないところもあります。

主婦がキャッシング会社からお金を借りることが大変であることは変わりありません。

融資が手軽に利用できる方法はないでしょうか。

利用しやすさはやはりキャッシングの方が一枚上ですが、銀行から融資を受けるという選択肢もあります。

主婦には厳しい時代ですが、キャッシングだけに頼らずにやりくりするいい機会と捉えることもできます。